DIVX 採用ブログ

catch-img

DIVXに転職しました(米沢)

7月1日付でDIVXに入社した米沢です。
入社してからまだまだ日が浅いのですが、私の自己紹介と「DIVXってどんな会社か」私なりに感じたことを書きたいと思います。


<自己紹介>
現在の趣味はマンガと美容とファッションと宅トレです。
こうやって書くとちょっと洗練されたイメージ持たれるかもしれませんが、そうだったら良いなと願うのみでそんなことはありません。ただただ好きです。
物心ついたときから好きな食べ物は生ものです(刺身とか生肉とか、レバ刺しとか・・・食べられなくなったことが悲しい)。
ちょっとキャッチーなことを書くと、以前は義肢装具士でした。義肢装具士、ご存知でしょうか? 紆余曲折を経て、現在に至ります。 DIVXではHRオフィス組織開発チームに所属しています。


<どんな会社?>
DIVXに入って感じたのは「すぐにどんどん仕事を任せてもらえる」です。
パッと聞くと「それって大変では」と思う人もいるかもしれません。でも違うんです。
私自身5歳児を育てているのできっかり定時でしか働けていません。その中でできる範囲内です。

ちゃんとフォローもしてくれますし、Notionというアプリにマニュアルなどもあるのでそれを見れば大体のことはできます。
すぐに仕事を任せてもらえて何が良いって、”会社と仕事に馴染みやすい”ことだと思います。
仕事をするときに関わる社内の誰かと接点ができるし、社内でよく使うツールに触れる機会も作れるし、仕事をやっていく中で自然とその会社の雰囲気や文化を感じ取れる。
ぼーっと受け身で過ごすだけだと得られないです。

そして感じることは「スピード感がある」です。 社内ではSlackを使用しているんですが、何か書いた時の周りの方の反応が速いです。
ちなみに書いたことに対して絶対誰かが反応してくれます。
ありがとう、とか、よくわからないキャラクターとかのスタンプ押してくれます。嬉しい。

会社の動きにもスピード感出てます。現状の振り返りから、新しい方針を考え、そこに着手するのが早いです。
だから会社として成長し続けられるのではないかと、新参者ですが思っています。
DIVXで働いたら、使い古されている言葉かもしれませんが「成長」が待っていると素直に思います。


<今後>
DIVXの皆さんが「働きやすい」「DIVXに入って良かったな」って思ってもらえるような会社づくりに貢献していきたいです。
具体的な構想もあり、その実現に向けて日々少しずつ進めています。
入社したてでも挑戦をさせてもらえる会社だな、と思います。


<最後に>
少しでも会社の雰囲気が伝わり、DIVXに興味を持っていただけたら嬉しいです。
挑戦したい、成長したい、そんな一見当たり前のようだけどそれを実現できる会社って実はそうそうないかもしれません。
そういった希望を胸にしている方はぜひ採用情報をご覧ください。


​​​​​​​※この記事は旧広報ブログ(+Stories)から移行したものです。

お気軽にご相談ください


ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

サービス資料や
お役立ち資料はこちら

DIVXメディアカテゴリー

テックブログ タグ一覧

採用ブログ タグ一覧

人気記事ランキング

GoTopイメージ